おバカのウンチク

おバカのウンチク
◎おバカのネット航海術◎

いざ 出航 の時

*波乗り越えておバカが行く*




*ネットに於けるおバカの存在

  私は、人のご迷惑にならぬよう、おとなしく密やかに、ゴキブリの如くに生きている つもりです。ですから、インターネット中においても、そう軽々しく人様のホームページを訪れることもありません。 世界の回線を私如きおバカが占有してはいけないとの配慮からです。 ただ、誰かから「ここは面白いよ」とか「いいよ」とか、おすすめがあると、ぼちぼち出かけて行くこともあります。
で、一度出かけると、ネットサーファーのみなさんはご承知と思いますが、それぞれのサイトには大概リンクというもの がしてあり、それをクリックなどしてしまうのです。それで、際限なくリンクを辿ってしまい、「風が吹けば桶屋が儲かる」式に つながり、最後に桶屋が儲かったときには、一体どこで風が吹いたか、振り出しが判らなくなってしまうこともしばしばです。


  話は少々横にそれますが、ある日のこと、私は、ある短歌に触れる機会を 得ました。
これは石川啄木と与謝野晶子の歌としてかなり有名なものなのですが、息子の参考書にあったものです。居間のテーブルの上に 放置してあったその本を何気なく見て、私は人生の先輩として、「これは解説しておく必要があるな」と感じました。 確か、こんな短歌でした。

  東海の小島の磯の白砂に我泣きぬれて蟹と戯むる

  働けど働けど我が暮らし楽にならざりじっと手を見る

  柔肌の熱き血潮に触れもみで悲しからずや道を説く君

  金色の小さき鳥の形して銀杏散るなり夕日の岡に
    (ひょっとして多少は違うかもしれませんが、確かめるのも面倒だから勘弁ね。)

この作品の解説を詳しくしたのですが、息子はテレビに夢中でさっぱり私の話をききません。せっかくの話、 悔しいのでここに掲載させていただきます。

  まず第1首目。「東海の云々」は少しおかしい。泣いているのに戯れている。よくない。 人間、泣くときは思いっきり泣き、遊ぶときは思いっきり遊ぶ。一つの行為に集中しないとストレスがたまります。
いったい何で泣いているのかもよくわからない。人間、何でもないのに泣いたり戯れたりするわけでもないから、何か訳が あるはず。
ではここで、学校では教えてくれない「泣いて蟹と戯れる」理由を教えましょう。
実はこの歌には本歌があったのです。何を隠そう、作者はあの有名な、ドラえもんだったのです。
それは去年の夏のこと、ドラえもんが例によってのび太、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんを伴い「どこでもドア」 を使って江ノ島へ海水浴に行ったんですね。ところが、そこはひどい混雑。楽しみにしていた砂浜でのスイカ割りも 出来やしません。そこで又、例によって4次元ポケットからタイムマシーンを取り出し、何十年か昔の江ノ島へ移動。 江ノ島も昔はガラガラです。
早速、スイカ割りをする事となり、順番を決めようとジャンケンが始まりました。はりきったドラえもんでしたが、 猫型ロボットの悲しさ、グーしか出せません。優しいしずかちゃんがグーを出してくれた他は、みんなパーをだしましたから、 のび太、スネ夫、ジャイアン、ドラえもん、しずかちゃんの順に始める事になりました、しかし、スイカはドラちゃんの番には すっかり たたかれて滅茶苦茶、ドラえもんは身の不運を嘆き、こう歌ったのでした。

  東海の小島の磯の白砂にボク泣きぬれて蟹とジャンケン

さすがドラえもん、グーで勝つためには、いつもチョキをだす蟹を相手にするっきゃないのです。
これを見ていたのが、その時たまたま江ノ島に遊びに来ていた啄木です。「ボク」を「我」に、 「ジャンケン」を「戯むる」に添削をいれました。
これでこの歌の謎、なんで泣きながら蟹と遊んでいたかの訳がおわかりでしょう。

  では次ぎの歌。暮らしが楽にならないからと言って「じっと手をみる」のはよくない。 よけいに暗くなります。ここは思いっきりパッと発散しないといけません。寅さん風に添削してみましょう。

  働けど働けど我が暮らし楽にならざりプッと屁をする

これです。人間、滅入った時に手なんか見てても仕方ありません。おならの一つもしてがんばらなくっちゃ。

  では次ぎの与謝野晶子さんの歌。「柔肌の熱き血潮に触れもみで」実はこれは 晶子さんがアトピーで皮膚科に行ったときの歌なんですね。そこの医者と言うのがいい加減な奴で、チラッと 見ただけでろくに診療もしない。そのくせ「あなた小石川からいらしたか。ではちょっと道を尋ねるが、あのあたりに ・・・」と患者に団子屋さんの道順を尋ねる。「存じません」と憤慨して晶子が作った歌。

  柔肌の熱き血潮に触れも診で悲しからずや道を聞く医者

これを当時、晶子の師匠だった与謝野鉄幹に見せる時に少し変えて、現行の歌にしたわけです。 それを見て師匠は、チト誤解しましたね。「そんなにも俺のことを!」てなもんです。
当時、与謝野鉄幹氏には菊乃さんという、れっきとした奥さんがいたんですが、彼女と別れて晶子さんと結婚すると いう仕儀に相成りました。人の運命なんてわからないものです、お菊さんにはお気の毒ですが。

  さて最後の「銀杏」の歌。これは晶子さん、3つになる長男を連れて野原に お散歩に行った時に作ったものです。最初は少し違っていました。こうです。

  金色の小さき蛇の形してウンチするなり夕日の岡に

本来なら「うんこ」とするところ「ウンチ」と幼児語にしたのは、これが子供のウンチであることを示唆しています。
遊んでいた子供が突然「お母さん、ウンチ」と言い出しました。困ってしまった晶子は「仕方ないわね。もういいからここで しちゃいなさい。」となったわけです。
クレヨンしんちゃんのようなかわいいお尻をだして、子供は小さな蛇がとぐろを巻いたような、かわいい黄金のウンチをします。 今しも美しい夕日が岡の二人を包みます。晶子は子供と過ごす至福の時間、とぐろを巻いているウンチを見るにつけ、 子供の健やかな成長ををひしひしと感じて、この歌を詠んだのでした。
まあ、あとで鉄幹さんにしっかりと添削されて現在の歌になったのですが、はじめの歌にはこういった母子の愛情あふれる お話があったのです。そこには、「健康なウンチは蛇のとぐろの形状に集約される」といった教訓まで含まれていたのです。


・・・・・・・・・そして話はもとへと戻る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  1ヶ月ほど前のある晩のこと、「ここはいいよ」とある人(失礼ながら誰か忘れた)から メールで教えてもらったURLによって私はあるサイトのアクセスしました。今となってはそれが、どこなのかも わかりませんが、何かいろいろなものが当たったりサンプルがもらえたりするホームページだったのです。
私はおバカの上に、けっこうケチで無料という言葉にすごく弱いものですから、タダでもらえるものには全部応募しま くりました。
その中に、確か「森下仁丹」のサンプルプレゼントがあったのです。森下仁丹と言えば、あの国民的口中清涼剤、銀色の 小粒の懐かしい「仁丹」の会社です。最近この「仁丹」自体はあまり見かけませんが、ここで商品サンプルをくれると言う には「仁丹」ではなく「ビフィズス菌」のカプセル錠剤です。ビフィズス菌と言うのはどっかの乳酸飲料に入っていて、 おなかに良いと聞き及んでいましたから、まあとりあえずと言うことで住所氏名を送信したのでした。
果たして数日後サンプルが送られてきて、お通じがよくなる、便秘下痢に効く旨、書いてあります。 そういう人(お通じがすっきりしない人や下痢便秘を繰り返す人)はフィズス菌が不足している、放っておくと 大腸ガンになる、ともあります。幸いな事に私はそのような症状はありませんから服用は妻に任せまして この事はすっかり忘れたしまいました。
ところが2週間ほどもすると、今度は大きめもダイレクトメールが送られてきました。それはタブロイド版の 8ページ仕立ての新聞風になっていまして「月刊セデ臨時増刊号」と言うのですが、ビフィズス菌や大腸ガン について詳しく説明してあるのです。

その中でも私の目を引いたのが4ページ目の記事です。まず大タイトルとサブタイトルを紹介しましょう。

自分のウンチをチェックしましょう!

水洗便所でウンチのチェック

便・の・硬・さ・と・形・で・チ・ェ・ッ・!ク

理・想・の・ウ・ン・チ・と・は?
(「・」も含め全て原文のまま)

なんと、ここでは便を「ウンチ」と言っています。先に私はウンチは幼児語と 言いましたが、必ずしもそうではないかもしれません。少なくともこの記事ではウンチを、このページだけで も21回使われているのです。(思わず数えてしまった)

そしてここで本題の蘊蓄です。みなさんにウンチのチェックの仕方を伝授しましょう。「月刊セデ臨時増刊号」 ではウンチの形状がかわいいイラスト入りで詳しく説明してあります。
そこで私はウンチの分類について学んでしまったのです。森下仁丹の分類ではウンチは6種類にわけられるのです。 詳しく解説しましょう。

その1、半練状(軟便)暴飲暴食が原因では。(中略)ビフィズス菌不足です。
            (とぐろを巻いたあのウンチらしいウンチが描いてある)

その2、どろ状(下痢)食あたり..ストレスかも。(中略)ビフィズス菌を補って....
            (要するに普通の下痢が描いてある)

その3、水状(下痢)下痢の原因がなく...(中略)やはりビフィズス菌不足です。
            (要するにべちゃべちゃの下痢が描いてある)

その4、コロコロ状(けいれん性便秘)ウサギのウンチのように(中略)ビフィズス菌不足です。
            (いわゆる山羊や兎の糞風のウンチが描いてある)

その5、カチカチ状(しかん性便秘)...ポピュラータイプ(中略)一刻も早くビフィズス菌を!
            (いわゆるポピュラーなウンチが描いてある)

その6、バナナ状(快便)スルリと出てスッキリ。(中略)理想的なウンチです。
            (つまり「バナナ」のようなウンチが描いてある)

  なんと私が今まで目標としていた半練り状、三巻半のとぐろウンチはいけないウンチ だったのです。ですから「金色の小さき蛇の形してウンチするなり夕日の岡に」にもビフィズス菌が必要ということに なります。
では理想となどんなものか、「月刊セデ臨時増刊号」ではこの点についても解説されています。

硬さ・・・・硬すぎず柔らかすぎず、スルッとです。(スルッが気持ち良さそう-百舌花談)
形・・・・・バナナタイプ(トグロタイプと誤解していた諸氏、猛省-百舌花談)
大きさ・・・直径2cm、長さ15cmくらい、バナナ2本分くらい(巻き尺常備の事-百舌花談)
量・・・・・1日に300g、バナナ2本分くらい(秤を置いておくと便利-百舌花談)
匂い・・・・悪臭がない(いい匂いがするのが理想か?-百舌花談)
色・・・・・明るい黄褐色(要するにキツネ色?バナナ色ではない。-百舌花談)

  早い話がビフィズス菌を飲めばこの「直径2cm、長さ15cm300g、バナナ2本分で1日に300g、 悪臭のないきつね色のバナナウンチ」をスルッ出すことができるのです。決して宣伝するわけではありませんが、 現在はなんと5倍強力タイプの新発売「ビフィズス菌S(スーパー)」120g60包9800円も出ているそうです。
9800円が高いとみるか安いとみるか、それはあなたのウンチの形状にゆだねられています。もし、あなたが 「直径2cm、長さ15cm300g、バナナ2本分で1日に300g、悪臭のないきつね色のバナナウンチ」を是非ともスルッ出したいと 思ったらインターネットからの注文も受け付けているそうです。URLは「http://www.jintan.co.jp」 さっそくアクセスしてみましょう。

「月刊セデ臨時増刊号」にも書いてあるのですが「ウンチは体の中からの情報の塊。大きなお便りです。(これ大便のしゃれ になってる)スッキリしたあとも、きっちりチェックが必要です。」
先日、旅行中に便秘気味になり帰宅後じょじょに正常に戻ったときのこと。 会社で、水を溜めておいて、レバーを押すと渦を巻いて流す式の便器を利用しました。一本のウンチで、はじめの部分が 便秘気味で硬く比重の重い部分、後半が比重の軽い柔らかバナナ状。スッキリしたあと、きっちりチェックしてみると、 なんとこれが水中で直立していたのです。これは「茶柱」ならぬ「ウンチ柱」。絶対に幸運のしるしと喜こび、レバーを 押すのに一抹のためらいがありました。
このように、けっこうウンチの観察も楽しめるものなのです。「ウンチ占い」もその一つでしょう。
別に好いことは、なんにもなかったけどネ。


なんか今回の話はまとまりがなかったかなぁ。(えっ、いつも?)なんのウンチクか自分でも訳がわから なくなってしまった。ウンチのウンチクっていう駄洒落が最初の発想だったもんで。
私も普段は普通のサラリーマンをやってまして、それなりに多忙なこともあるのですが、一ヶ月以上も ホームページを放置しておくと「このごろ更新してないね」などとお叱りのメールをいただきます。そういうわけで 又、いつものようにとりとめのない事を書いてしまいました。

・・・・・今回のお詫び  食事中にアクセスの方、これからお食事の方、ごめんね。


おバカの教養講座へ戻る    おバカの世界メインページへ戻る