HONYAKU SOUTI

百舌花博士の
自動翻訳機

ドラえもんの翻訳蒟蒻の夢が現実に!!




 
   *** 「自動英語翻訳機」R1.0 ***

  1、特徴  スイッチを踏めばたちどころに英訳される。しかも材料費がすっごく
        安い。試作の段階とはいえCPUには犬の脳細胞を使うという画期的なアイデア。
  2、材料  段ボール箱 大1個
        犬 1匹
        紐 1本 なんとこれだけ
  3、作り方 箱の側面下部に直径5センチほどの穴を開け、犬を箱に入れ
        その穴からしっぽを出して引っ張って紐で結んでおく。
  4、使い方 はじめに申しましたとおり、まだ試作の段階ですのではじめに
        テストが必要です。まず数字の翻訳から始めましょう。

        はじめに箱に向かい「いち」と言う。同時にスイッチ(しっぽ)を
        踏む。ここで箱から「ワン」と聞こえたら実験成功!「に」といって
        強めにスイッチを踏めば「ワンワン」と聞こえるでしょう。すばらしい
        尚 「キャン」と高音で鳴く犬は避けましょう。一番低音で鳴くのは
        シベリアン ハスキーです。(生まれつきハスキーボイスです。)
        今のとこ なんせ試作品なんで動作はここまで 今後更に性能アップする
        ように改良を重ねる所存です。(できないか?やっぱり)


   *** 自動翻訳機R2.0 更に高性能になって登場 ***

  「前作は大きすぎて海外旅行に持っていけない。英語から日本語に翻訳したい。」
   と言うユーザーの要望に答えて大改良小型化高性能化に成功!!!!!

  1、作り方 まず、これまで使っていた犬にはドッグフードなど与え開放しましょう。
        次にねずみを捕まえてきて小箱に入れしっぽだけ出しときます。
  2、使い方 やはりテストが必要です。まず箱に向かって「ミドル」と言って、すかさ
        ずスイッチ(しっぽ)を引きます。すると機械が「ちゅう(中)」と言い
         ます。次に「キス」と言い軽くスイッチを引きます。すると機械が「ちゅっ」
        となんと意訳してくれます。これがこのバージョンの完成度の高さです。
        ユーザーの皆さん、海外旅行の必需品R2.0を末長く御利用下さい。
        CPUは現地調達も出来ます。
        皆さんもこの発明品で快適な海外旅行をお楽しみください。
        きっと外国人もびっくりしますよ。
 


大発明リストへ戻る     おバカの世界メインページへ戻る