DIET OF KYUKYOKU

もずはな式究極のダイエット

意志が弱いあなたでも大丈夫、今度こそきっと痩せる!
国が責任をもって強制的にダイエット、健康管理も万全



 
やせたい、けど食べたい、という積年の二律背反に悩み、たびかさなるダイエットに失敗してきた 意志薄弱なあなた。もずはな式究極のダイエット法ならもう大丈夫。必ずやせられます。
やせかたもある程度調節がききますし、何といっても健康面の管理が万全で国が責任をもって 専任の係官をつけてくれますので安心してダイエットに集中できます。更に費用もほとんどかからず、 ダイエット期間中は仕事や勉強など世間の俗事から離れてダイエットの世界に没頭することを国家が 認め保証してくれます。
この方法で実際やせた方は数多く、最近は某教団幹部達が見違えるようにやせたと報道されております。


   ***「もずはな式究極のダイエット」***

1、用意する物
   たいした用意はいりません。
心配でしたら自宅を整理整頓して下着類や着替えを揃えて風呂敷きで包んでおきましょう。

2、方法
   先ずあなたは小さな悪い事をします。けっして大きな悪事を働いてはいけません。 悪さの度合いはやせたさの度合いに比例しますので御自身の体重とご相談のうえで悪事を実行します。 某教団の教祖のような大悪事をすると一生ダイエット生活から抜け出せなくなりますので注意しなけ ればなりません。とりあえずここでは「食い逃げ」などを例に説明しておきましょう。
この際ですからセコイ食堂などは避けて、高級うなぎ店などに入り、特上の「うな重」 におしんこと肝吸い付きで注文して残さずいただきます。うなぎは出来上がりに少々 時間がかかりますから、先にお酒かビールに「う巻き」でもやりながらこれからはじめる ダイエットに思いをはせるのもいいでしょう。
全部を食べ終えたら、店の人に「実は金がない」旨を話し、警察に電話をするように依頼します。 警察官が来たら素直にお縄をちょうだいします。現代では手錠という事になるでしょうが、 このブレスレットこそダイエット学校への入学許可証というべきものですから、けっして動揺してはいけません。
警察署では取り調べが行われ、必ず「なんでこんなことしたんだ?」と石原裕次郎風の刑事に動機を尋ねられますが、 決して「ダイエットの為」などと言ってはいけません。
こんな時は「お役人様、お手数をおかけしまして申し訳ございません。つい出来心でやってしまいました。 こうなったらどんな責めをもお受けする覚悟でございます。どうぞお慈悲あるお裁きをお願い申しあげます。」と言います。
すると裕次郎似は「殊勝である。追って裁き致す故、暫時拘置所で待つように」というはずです。 もうここまで来たらダイエットの第一段階に突入です。拘置所での食事は一日何と1500Kカロリーです。 普通成人男子の摂取カロリーが2500から2800ですからもうこれはやせるっきゃない。
狭い拘置所の独房でもだらだらしていてはいけません。腕立て伏せとかうさぎ跳びとか、 窓枠に入っている鉄格子を利用してぶら下がり健康法や懸垂をするのもいいでしょう。 他にすることもないのですから一日中集中的に行ってください。
あなたは時々取調室に呼ばれ取り調べを受ける事になります。その時の注意すべき点を述べておきましょう。
取り調べの刑事は時々大声で机を叩きながら脅しの演技をします。「警察をなめるんじゃない。ネタはあがってるんだぞ」
こんな時はあなたは素直に驚いたふりをし机にうち伏して泣きます。この泣くという行為はかなりカロリーを消費します。
また、ある時は刑事はほろりとさせる懐柔策にでることもあります。「おい、カツ丼でも食うか。」などといいます。 急にやさしい顔で言いますが、これにのって「ハイお願いします。」などといってはいけません。 あくまでもカロリー第一です。我慢しましょう。
こうして一、二ヶ月たてばあなたは必ずやダイエットに成功している事でしょう。
成功した後で前科がつくというおまけがありますが、前科なんかやせる事に比べれば些細なことです。 前科に重量はありませんし、むしろ世間の冷たい視線により更に痩せることもできます。ありがたいことです。

   「この腹の厚き脂肪に比ぶれば 全ては些細 前科つくとて」

尚この「もずはな式究極のダイエット」は一般のフリーソフトと同じです。 本ダイエット法の作成には万全を期していますが、運用結果についてはいかなる責も負いません。

   

<警告!けっしてよい子はまねをしないこと>


大発明リストへ戻る     おバカの世界メインページへ戻る