BOIN OF KYUKYOKU

もずはな式究極の「豊胸術」

「おムネ」を大きくしたい貴女、百舌花におまかせ!

安全第一、効果満点、料金格安、操作柔軟



 
  けっこう多くの女性が「おムネ」を大きくしたいと思っているらしい。
ある大手下着メーカーなどは「寄せて上げる」ブラの発売で業績を伸ばしたと聞く。
  しかし、本当に女性の「おムネ」は大きい方がいいのだろうか。中ぐらいでもいいのではないだろうか。小さくてもいいのではないだろうか。発明に先立ち、今回はその辺も深ーく考えてみたいと思う。

  おムネが大きいと言われるフーミンなるタレントさんは、あるトーク番組で「上向きで寝ると息苦しい時があるんです。肩も凝ります」とおっしゃっておられた。大きいのも大変なものなのである。しかるに、なぜ、「おムネ」を大きくしたい女性がかくも多く存在するのだろうか。
その責任の半分は男性の「豊満信仰」にあるように思う。「大きいことはイイことだ」とかたくなに信じる男性が少なからず存在するのである。

  信じると言えば、不謹慎の誹りを恐れず言わせていただければ、世界の人々の宗教について考察するのが、いい例えになると思う。大ざっぱに言って、世界の人口の4分の1は仏教を信じ、4分の1はキリスト教を信じ、4分の1はイスラム教を信じ、残りの4分の1はその他の宗教か、無神論者であると言われている。
  これを男性の「おムネ信仰」に合わせて考えると、男性の4分の1は大きい「おムネ」がイイと信じ、4分の1が中ぐらいがイイと信じ、4分の1は小さいのがイイと信じ、残りの4分の1がどうでもイイか、どれもイイと思っている、と言っていいと思う。(ちなみに百舌花は「どれもイイ派」である。タダのエッチなオジサンという意見もある。)
  宗教なら、どれか1つの宗教の教えが真実とすると、世界の人口の4分の3が迷信を信じている事となってしまい、空恐ろしいきもするが、「おムネ信仰」なら「好きなんだからイイジャン」となるだけで、お気楽なもんである。
  女性の方も、「大」所有者と「中」所有者と「小」所有者のが、それぞれ3分の1ずついるとすると、なにゆえに「中」、「小」所有者が「大」に移行する必要があるであろうか。「大」所有者が「大きい信仰」の男性をターゲットにし「中」所有者が「中ぐらい信仰者」を、「小」所有者が「小さい信仰者」をとテリトリー分けをすればいいのである。そして、残りの「どれもイイ派」の男性については「大」「中」「小」すべての女性がターゲットとする、というのが良いように思う。(この「どれもイイ派」の間口の広さが、私をして、この派閥に所属せしめたゆえんのモノである)そういうワケだから、このテリトリーをきちんと守っていけば、けっして「寄せて上げる」必要もナイのである。パットを詰め込む必要もナイのである。ナイナイ。

  しかし、百舌花博士は、あくまでやさしい。「だってぇ〜、大きくしたいんですものぉ〜」とか「でもぉ〜、ヒロシがぁ〜、大きいのがぁ〜、イイってぇ〜」と言われると「そうだよね。うんうん、わかる、おじさん」などと、すぐに迎合してしまうのである。優柔不断でもあるのだ。そして「大きくしてやりたい」とシミジミ思うのである。「背中から押したら」などと言って蹴飛ばされた事もあるのである。
  今回は、それらを教訓に、考えに考えぬいた発明のご披露である。ヒロシに無理を言われている女性達の一助となれば幸いである。

   ***「もずはな式究極の豊胸術」***

◎用意する物
   初期費用は300円ぐらい用意しましょう。
大きい胸を維持したい場合は、2週間後に同額を用意します。

◎方法
   この豊胸術は精神面を重視しています。はじめに気持ちを高ぶらせておくために、少女漫画のヒロインのように眼を大きく見開き星を散らすなど、目薬等で準備しておきましょう。
そして300円をもって宝くじ売場に行き、1枚のくじを購入します。買ったらすぐに「これは当たる、絶対当たる。1等が当たる」と繰り返し唱えます。帰り道はもとより、家に帰ってもずーっと唱え、寝言にもいい続けます。努力して当たる夢も見ます。
  そうすると、あーら不思議、あなたの「おムネ」は期待にむくむくとふくらんできます。ふくらみ方はあなたの期待度に比例しますから、ふくらみが少ない場合は、あなたの期待する気持ちに問題があります。もっともっと1等当選を期待してみましょう。
  2週間もすると新聞に番号が発表になります。万が一にも当たることはありませんから、もう1度300円を持って宝くじを購入に行きましょう。これを継続すれば「大」所有者の仲間入りができます。
そのうち熟練すれば、自分の「おムネ」が大きくなるという期待だけで胸をふくらませることもできるでしょう。
  仮にヒロシと別れて、「俺ってさ、胸は小さい女が好みなんだよな、清楚な感じがしてさ」とサム・ハスキン写真集を愛読するタカシとつきあう事になった場合は、宝くじの購入を中止します。すぐに本来の「小」所有者に戻ることができます。また、タカシと別れて、中ぐらい好みのツヨシ とつきあう時は、100円の宝くじを購入するといいでしょう。
  「百舌花式豊胸術」はこの柔軟な操作性が、大きな特徴になっているのです。

   「ヒロシ、タカシと振り回されてツヨシに至る胸の揺れ」

はっきり言って、くだらない男の好みに振り回されるのは、現代女性として愚かしいことと思います。やはり、「どれもイイ派」の百舌花を信じて、自分固有の「おムネ」を大切にしようではありませんか。    

<おことわり!今回ご登場いただいた ヒロシ、タカシ、ツヨシの
3名は架空の男性であり、実在の人物とは何の関係もありません。>


大発明リストへ戻る     おバカの世界メインページへ戻る